直貼り用フローリングとは・捨て貼り用フローリングとは

無垢フローリングは、直貼り用(じかばり)と捨て貼り用(すてばり)に大きく分類されます。

直貼りとは、文字通り、床スラブに下地材を入れずに直に施工します。

直貼り用無垢フローリング(じかばりようむくふろーりんぐ)は、無垢フローリングの裏にカルプクッション材が貼ってあり、じかに施工できるように商品化されています。

無垢フローリングの裏にカルプクッションを貼った直貼りフローリング
無垢フローリングの裏にカルプクッションを貼った直貼りフローリング
無垢フローリングの裏にカルプクッションを貼った直貼りフローリング
無垢の直貼りフローリング表面と、カルプクッションを貼った裏面

捨て貼り用の無垢フローリング(すてばりようむくふろーりんぐ)は、床組の根太に12ミリ程度の下地合板を設置し、その上に無垢フローリングを接着剤と釘を使って施工します。無垢フローリングの施工方法としては最も一般的な工法です。根太の上に下地をすることで、床の構造がしっかりとし、床下からの湿気や冷気等も遮ります。また、床鳴りなどの施工後の不具合の防止にもなります。

捨て貼りにて施工中
捨て貼りにて施工中