直貼り用フローリングとは・捨て貼り用フローリングとは

無垢フローリングは、直貼り用(じかばり)と捨て貼り用(すてばり)に大きく分類されます。

直貼りとは、文字通り、床スラブに下地材を入れずに直に施工することを指し、またその工法に対応したフローリングを直貼り用フローリングと呼びます。

直貼り用無垢フローリング(じかばりようむくふろーりんぐ)は、無垢フローリングの裏に特殊カルプクッション材が貼ってあり、じかに施工できるように商品化されています。釘とボンドを併用して施工する捨て貼り用フローリングとは対照に、直貼用フローリングは、接着剤のみで施工します。

無垢フローリングの裏にカルプクッションを貼った直貼りフローリング
無垢フローリングの裏にカルプクッションを貼った直貼りフローリング
無垢フローリングの裏にカルプクッションを貼った直貼りフローリング
無垢の直貼りフローリング表面と、カルプクッションを貼った裏面

直貼り用フローリングを施工する際は、水分の遮断が大きなポイントとなります。床スラブに直接貼れる用になっているとはいえ、1階土間コンクリートに施工する場合は、地面からの湿気や水分を防水シートや防水コンクリート等で遮断し、さらに施工したスラブの中の中心部までしっかりと乾燥させたうえで施工します。また、フローリングを直接貼って施工しますので、下地モルタル面が平滑であることも大切です。部分的な欠けや割れなどがある場合は、きちんと補修し、平滑になるようにします。

捨て貼り用の無垢フローリング(すてばりようむくふろーりんぐ)は、床組の根太に12ミリ程度の下地合板を設置し、その上に無垢フローリングを接着剤と釘を使って施工します。無垢フローリングの施工方法としては最も一般的な工法です。根太の上に下地をすることで、床の構造がしっかりとし、床下からの湿気や冷気等も遮ります。また、床鳴りなどの施工後の不具合の防止にもなります。

捨て貼りにて施工中
捨て貼りにて施工中

直貼り用フローリング あります。

無垢フローリング タイプ別 商品ラインナップ

リフォーム向き 無垢フローリング

形状別 無垢フローリング