相じゃくり

相じゃくりは、"あいじゃくり"と読み、"相決り"とも、"合いじゃくり"とも表示されます。フローリングや羽目板などの木材加工方法の一つです。

無垢フローリング 相じゃくり加工

実(さね)とは、板の側面につけた凸凹の加工のことを言います。通常、突起の凸部分を雄実(おすざね)、凹部分を雌実(めすざね)と呼びます。フローリングや縁甲板を組み合わせるための木材加工です。この実の加工のひとつが相じゃくり加工です。相じゃくり加工は、羽目板に加工されていることが多いです。雄雌の合わせ部分が、カキ状になっており、これを合わせることで施工します。長さ方向に加工されているものに加えて、巾方向(羽目板などの端の部分)の雄雌の加工をエンドマッチと呼びます。一枚の板に対して、四面すべてに実加工されているものを四方実と呼びます。