Q. 本実加工とは

A.「ほんざねかこう」と読み、木材加工のひとつです

無垢フローリングの本実加工とは

フローリングの実加工【本実加工】

読み方: ほんざねかこう

 

実(さね)とは、板の側面につけた凸凹の加工のことで、通常、突起の凸部分を雄実(おざね)、凹部分を雌実(めざね)と呼びます。つまり実(さね)とはフローリングや縁甲板を組み合わせるための木材加工です。この実(さね)の加工のひとつが、下記の写真にもあります、本実加工(ほんざねかこう)です。本実加工には、板と板をびったりと合わせるようにした本実突付加工(ほんざねつきつけ)や組み合わせたとき隙間があくように加工された、本実目透し加工(ほんざねめすかし)等があります。突き付け加工は主にフローリングに、目透かし加工は主に羽目板に使用されます。さらに、雌雄加工した部分の形により、本実加工や相じゃくり加工など様々な加工方法があります。フローリングは、この雄実と雌実を組み合わせていき施工します。長さ方向(長手)に加工されているものに加えて、巾方向(フローリング板の端の部分・短手)の雄雌の加工をエンドマッチと呼びます。一枚の板に対して、四面すべてに実加工されているものを四方実(しほうざね)と呼びます。

本実加工(本実突付) ほんざねつきつけかこう

表面がぴったりと合わさるようになる突き付け加工(上図)と、板と板の間にすき間があるように見える目透し加工(下図)

本実加工目透し ほんざねめすかし
本実加工の凹の部分。雌実(めざね)
本実加工の凹の部分。雌実(めざね)
本実加工の凸部分。雄実。フローリングは、雄実と雌実を合わせて施工する。
本実加工の凸部分。雄実。フローリングは、雄実と雌実を合わせて施工する。
エンドマッチ加工。フローリングの長手(長さ方向)に対して短手(幅方向)にも加工がついている
エンドマッチ加工。フローリングの長手(長さ方向)に対して短手(幅方向)にも加工がついている

1枚のフローリングの一方の端が雄実加工してあり、もう片方の端は雌実加工してあるのが一般的な無垢フローリングで、エンドマッチのオス・メスの実加工は商品により異なります。例えばヘリンボーン用は、三方が雄実、一方が雌実になっています。

その他の木材加工

この本実加工のほかにも、いろんな加工方法があります。下記はほんの一例です。

無垢フローリングについて

材木屋では、無垢フローリングを取り扱っています。

当材木屋で取り扱っているフローリングは全て無垢。エンドマッチ加工されたさまざま樹種のフローリングを取り扱っています。入江材木店では、特にチークやケンパス等のインドネシア材に力を入れており、直接輸入販売しています。塗装、無塗装、オイル塗装など、ラインナップも豊富に取り揃えています。

タイプ別 無垢フローリング

リフォーム向き 無垢フローリング

形状別 無垢フローリング

ブログでも業界用語について紹介しています。