フローリングの本実加工

本実加工は、"ほんざねかこう"と読み、"フローリングなどの木材加工方法の一つです。実(さね)とは、板の側面につけた凸凹の加工のことを言います。通常、突起の凸部分を雄実(おすざね)、凹部分を雌実(めすざね)と呼びます。

フローリングや縁甲板を組み合わせるための木材加工です。この実の加工のひとつが本実加工です(下記写真参照)。フローリングは、この雄実と雌実を合わせていき、施工します。長さ方向に加工されているものに加えて、巾方向(フローリング板の端の部分)の雄雌の加工をエンドマッチと呼びます。一枚の板に対して、四面すべてに実加工されているものを四方実(しほうざね)と呼びます。

その他の木材加工

この本実加工のほかにも、いろんな加工方法があります。下記はほんの一例です。