ケンパスって大丈夫?

ケンパスは 南洋材でマメ科の木材。硬くて赤みを帯びた色合いが特徴です。風合いがカリンにも非常によく似ていて、南洋カリンと呼ぶこともあります。高級材のカリン材にも負けず劣らずの木材です。しかし、ケンパスは狂うとか曲がるといって毛嫌いしている方が多いのも事実です。 ケンパスは本当にそんなに狂うのでしょうか。 

その昔20年以上も前に日本にケンパス材が入って来たばかりのころ、たくさんクレームがあったことが「毛嫌い」されているのが原因だと思います。弊社は、日本に輸入され始めた当初から、20年以上ケンパス材を扱っていますが、今では施工技術も加工技術も大幅に変わり、問題点は克服されています。 ケンパスは、南洋材の中でもいち早く無垢フローリング向けとして生産され、日本へ入って来たため、処処の問題を浴びてしまったように思います。しかし、都度問題点を改善し、現在では持ち前の硬さなども、無垢フローリングに最適な材としてその立場も変わってきています。ケンパスは、弊社の一押し商品です。