ソノケリンってどんな木?

【材木屋の情報の木箱】ソノケリンについて

Sonokeling/ソノケリン・ソノクリン。マメ科広葉樹

マメ科の広葉樹であるインディアンローズウッドを東南アジア、インドネシアで植林したもの。インディアンローズウッドに非常に近いことから、市場ではローズウッド、紫檀(したん)とも呼ばれている。ローズウッドとしての供給が定着しており、出荷量も最も多いとされている。不規則な縞と黒紫の色が特徴的。比重も重く施工はしづらいが、その仕上がりは高級感がある。

学名 Dalbeegia属 Dalbergia Latifolia
産地 インドネシア
特徴 赤褐色~黒色で紫不規則な縞が特徴です。
用途 床板、家具、床柱、建具など

ソノケリンは、ムククル材木屋でも取り扱いのある樹種です。無垢フローリングと合わせて注文できる玄関周り部材の上がり框や付け框も、人気があります。

 

濃厚色合いの木肌ながら、木目がしっかりとしているところが大きな特徴。ワンランク上な雰囲気を作る立役者的樹種といえます。


ソノケリン杢目

不規則な縞目と黒紫色が特徴。重厚感が演出される。

ソノケリン 上がり框

上がり框のほか、付け框、リフォーム框、式台もご用意しています。