目透かし加工

目透かしは、"めすかし"と読み、羽目板などの木材加工方法の一つです。

目透かし加工とは一体どんな加工を指すのでしょうか。

無垢フローリング 相じゃくり加工

実(さね)とは、板の側面につけた凸凹の加工のことを言います。通常、突起の凸部分を雄実(おすざね)、凹部分を雌実(めすざね)と呼びます。羽目板や縁甲板を組み合わせるための木材加工です。この実の加工のひとつが目透かし加工です。目透かし加工は 羽目板に加工されていることが多いです。雄実が長くなっているため雌実と合わせたときに隙間が生じます。これを合わせることで施工します。雄実部分が広い為 釘が打ちやすく また雌実をかぶせることで釘が見えにくくなることから 施工後より美しい仕上がりになります。

フローリングにも使用できないこともありませんが 隙間ができてしまい ほこりがたまりやすくなるため おすすめはしません。

                       メラピー羽目板

その他の木材加工

この目透かし加工以外にも 相じゃくり加工など、いろんな加工方法があります。下記はほんの一例です。