ダンドリビス - 下地一発

"下地一発"をコンパネ合板に取り付けるだけで簡単施工!

◎壁や天井施工時の下地板取り付け用の施工補助金具です

◎これまで取り付けに時間がかかった工程が格段にスピードアップ!

◎下地板には現場であまった材料が使えます

◎金具の取り付けは付属の釘やビスのみでOK!(Cタイプはのぞく)

◎金具の両端の予備穴はコンパネのジョイントや補強などに使える! (A・B・Cタイプ)

 

【ダンドリビス商品に欠品が生じた場合の取り扱いについて】

ダンドリビス商品は全品、メーカーより直送しております。万が一、ご注文後に一時的に欠品が生じた場合は、商品入荷次第発送となります。商品入荷の目処が立たない場合はご注文はキャンセルとなり、商品代金は返金処理とさせていただきます。また、ご注文商品の一部に欠品の場合は、在庫のある商品を先に発送いたします。ご了承ください。


【製品種類】

【サイズ・強度別一覧】

◎強度について◎

 下地一発を使用した場合の強度は、使用した下地の硬さや取付物の

 ビス、釘などの引き抜き力で決まります。

 試験条件:

 下地サイズ(ラーチ合板H320mm×W375mm 厚みは各サイズ幅)

 手すり金具1個(ビス3本留め)

※数値は、ダンドリビス自社試験による測定値であり保証値ではありません。


【施工方法】

従来の方法で施工すると…

 

従来の下地板の場合、取り付ける柱と面一にして
正確に合板の厚み分寸法を測り、
桟木を取り付けるなどの作業をしなければならない為、時間がかかります

本来フィニッシュ釘で取り付ける場合は板のサイズを正確に測り、ズレない様に取り付けなければなりませんでした。 

●A・B・Cタイプの場合

  Aタイプは内側に釘がついている方が下地側です。

  Cタイプはジョイントなど、様々な用途に合わせて取付できます。

●下地板の高さが450mmを超える場合、

 板の四隅に金具を取り付けると柱への取り付けが楽になります

※金具の付け足しや予備穴に釘などを多く取り付けても、

 強度そのものは変わりません


●Eタイプ(天井用軽量鉄骨専用)の場合

施工ポイント-ビスを使用しないでスピード加工が可能!

 

 ①最初に下地一発をコンパネの片側にだけ取り付け、野縁に引っ掛けます

 ②もう片方の下地一発は、まず野縁に引っ掛け、コンパネにはめるようにスライドさせます


●Fタイプ(9mm用/12mm用 壁・天井兼用)の場合