本ホームページのグレード記載について

材木業界では、広葉樹と針葉樹で製品のグレードの呼び方が異なります。共通して言えることは、例えばAグレード、Bグレード、Cグレードと言ったとしても、それは、表面に見える節の大きさや入り皮や白太がどのくらい入るか、など見た目の違いであり、製品そのものの機能などの違いではない、ということです。本サイトでは節の大きさや数も、そのフローリングのユニークポイントと捉え、敢えてABCグレードとは呼びません。

広葉樹のグレード

スタンダード グレード

節や辺材部分が少ない希少部位を選んだ木目や色味も美しい高品位なグレード。

ナチュラル グレード

色の濃淡(辺材を含む)・小さな節・かすりなど自然な風合いや美しさを感じられるグレード。 リーズナブルな価格で無垢の心地よさを味わえます。

ラスティック グレード

ナチュラルグレードよりも大きな節や木独特の心材、辺材などが入ります。色の濃淡もあり、より自然で木の特徴を隠すことなく使われているグレード。(一部パテや埋め木などの補修が入る場合があります。)

針葉樹のグレード

無節

無節
(無地)

むぶし
(むじ)

節の全くないもの。木目もや色合い揃い、アテもほぼ入らない最高級グレード。ヤニ、カスリは極小さく入る場合があります。

無地上小

無地上小

むじじょうこ

指先程度のごく小さな節が点在する程度で無節に近いグレード。

小節

小節

こぶし

小さな節が若干ある程度のグレード

節

ふし

大小様々なタイプの節が入る自然な風合いを感じるグレード(一部パテや埋め木などの補修が入る場合があります。)